中高一貫教育の利点

中高一貫校のメリットについて経験者の多くが異口同音にある傾向について挙げています。それは、6年一貫教育にすることで、受験勉強に追われる事なく、趣味や習い事に多くの時間を割くことができるというものです。
また、公立の場合、同じ小学校からそのまま同地域の中学に通うことになるのが一般的ですが、小学校時代にいじめに遭ったり、なんらかの人間関係のトラブルがあった場合、中高一貫校に入る事でそれまでの人間関係をゼロにすることができるメリットがあるのです。

狭い地域社会であれば、ひとたび悪しき評判がたった場合、家にいても学校に行っても付きまといがちです。その悪しき評判から逃れるためには、引っ越しをするか、全く知人のいない学校へ転校するのが最善策となります。

また、ゼロクリアになることでこれまでの負のイメージを払拭し、出直すことができるため、自分に対して何の偏見もない人たちの中へ行くことは精神的な重石を取り除くことになるのです。近年いじめを苦に自ら命を絶つ生徒児童が急増していますが、駆け込み寺的な場所として選択肢の一つに数えることも可能なのです。

また、短いタイムスパンで受験がある場合、10代の精神面に大きな負担となることから、6年一貫のシステムに共感し賛同する生徒、学童とその家族が増えています。教育の本来の目的からかけ離れた学校の教育に疑問を持つ向きもあり、事実上「学び、知識を得る」ことが求められる時代になってきたのです。