公立と私立の学費の差

中高一貫校の特徴の一つに、長い時間をかけて希望大学に進学できる実力を身につけることができるため、高校受験のための勉強をしない分、より充実した学習内容となっています。
今後日本の教育の主流となっていく可能性がありますが、私立と公立では異なる点があります。最も大きな差があるのが学費です。公立の場合中高を通して授業料は比較的安いのですが、私立の場合は6年間で190万円近くかかります。

学校行事での保護者の負担額も私立と公立では倍以上の差があり、6年間を通しての差は私立は公立の4〜5倍の費用が掛かります。公立が私立よりも高額なのは学校給食のみですが、年間35000円程度の費用となります。修学旅行や遠足に掛ける費用は、私立の場合7万円と高く、保護者は最終的に6年間で500万円を支払う必要があります。これに対し公立の場合6年間で120万円強で、年間平均20万円を用意できれば良いのです。

しかしながら、中学は義務教育であるため公立の場合かかる費用が低く抑えられますが、高校ではその限りではなく、授業料以外の項目では私立と比べて大きな差はありません。私立の場合は入学金や施設設備費などの学校納付金が高額であるため、公立との差は授業料と納付金が大きなウエイトを占めます。私立の場合、6年間という長い時間設備が常に整った環境で生徒が過ごす事ができることを意味します。