受験の違い

義務教育である中学校は、公立の場合通学区域が決められているため希望する中学を選択する事はできませんが、私立の場合希望校を選択できます。公立は縛りがあることは言うまでもありません。中高一貫校の進学に関しても、公立の場合文科省により学力検査をしてはならないという決まりがあるため入試はありません。

これに対して私立の場合は入学時に入試があります。私立の場合は一貫校ではなく、同じ敷地内に小学校から大学まである併設タイプの学校もありますが、小学校から受験があるのです。そのため、公立の一貫校への進学を希望する場合、入試がない代わりに適性検査と内申で選抜します。私立の一貫校に比べて学費の安さから希望者が多く、倍率が極めて高いことから受かる確率が低いのが現状です。また、何が合否を分けることになるのかわかりにくいこというデメリットがあります。

公立の中高一貫校への進学を希望する場合、不合格となる可能性を鑑みて、私立の一貫校に願書を提出する事が望ましいのです。公立一貫校への入学希望者が急増する背景に、大学合格率の高さがあります。高校受験で神経をすり減らし、3年後に再び大学受験のためにエネルギーを投入する事を考え、高校受験の無い一貫校への方向転換を希望するのは必然と言えるのです。