効率的な勉強方法

中高一貫校に進学を希望するのは、もちろん小学生ということになります。高校受験をスルーする代わりに、小学生が受験をするのが実情です。学童本人が希望する場合もありますが、多くの場合保護者の希望で進学が決定されます。

一般の公立中学に進学する場合、受験は不要ですし、小学校時代の友人がそのまま同じ中学で学ぶことになるので、一貫校への進学を希望しない学童も少なくありません。また、公立中高一貫校は簡単に進学できないため、確実性を狙うなら私立に願書を提出する事になるのです。

私立の場合、公立と異なり入試試験があります。現状では、私立の場合ほぼ希望通りの学校に入学する事が可能ですが、公立は異常に倍率が高い上、合否が推測できないため対策も練りにくいというデメリットがあります。

平均して入試対策は小学校5年生から始める傾向にありますが、早ければ2〜3年生から始めるケースもあります。特に公立中高一貫校の場合、小学校6年間を通しての成績や生活態度が重要ですので、早いうちから普段の学習態度を正す必要があります。宿題や課題を忘れずに提出するまじめさも重要ですので、日ごろの心掛けは大切です。また作文力が試されるため、読書や作文を日常的に行うことで有利となるのです。