高校受験の現状

高校受験はいまだ一般的で、全国的に殆どの中学生が学校と並行して塾に通い、高校受験に備えます。
東京では都立高校の人気が下落したとは言え、有名大進学率が高い人気の都立高校は生き残っています。人気が急上昇している公立の中高一貫校は倍率が高い為、希望する前に諦める生徒も少なくない状況で、私立高校への進学は安定しています。

学校の数は決まっている中、子どもの数が減っているため、合格率は高く殆どの生徒が進学できます。地方と都市部では大きく異なり、地方では数少ない県立高校に希望者が集中するため、その高校に進学できない場合落ちこぼれとみられる傾向にあり、生徒のメンタル面に与える影響は大きいのです。

そのため、地方から都市部の私立高校への入学希望者が増えています。地方でも私立高校への進学率の高い県はありますがマイノリティで、今でも公立の方が学力が高く、何故好んで私立高校に進学するのか不思議に思う方も少なくありません。
地方で私立高校がメジャーになりにくい理由としては交通の便が都会に比べて悪い事が挙げられます。東京や大阪などの大都市圏では交通網が発達しているため、通学1時間程度でも通える事が私立高校進学の安定に繋がっています。