6年間のカリキュラム

大学受験を見据えた6年間を通したカリキュラムは、学校によって異なります。そのため、中学の理科や社会などは受験に直接関係がないため、自由な授業が可能となります。

中学期は義務教育ですので、この時期に学ばなければならない科目はありますが、スケジュールの組み方や、どの科目により力を入れるかなど授業内容は学校に委ねられます。外からの編入を受け入れない完全中高一貫校も多く、その場合は6年間の流れが重要であり、途中から参加した場合、既存の生徒との間に学習能力のスピードに差があるためです。
その反面高校から編入してくる生徒を受け入れる学校もあり、外部の生徒の能力が高ければ、他の生徒への刺激となって競争心が芽生え、相乗効果が期待できるためです。

6年間一貫教育は塾は不要と謳われていますが、中高一貫校向けのカリキュラムを組んだ塾やゼミがあります。マニュアル通りではなく、理論と分析力が身につく効率的な学習方法を取り入れ、大学入試にも有利な頭脳を育てるのです。
一般の中高に通いながら、その様な講座に通うケースは増えています。6年間一貫教育が既存の教育に勝る事が証明されれば、日本の教育制度そのものが抜本的に変わる可能性も否定できません。