中高一貫塾

通常、中学生の多くが学校とは別に塾に通っていますが、中高一貫校の場合その性質上既存の塾に通うメリットがありません。何故なら塾のゴールは高校受験を突破する事で、中学から大学合格を見据えた塾というのはほとんど存在しないからです。
そのため、中高一貫校に通う生徒に特化した塾が望まれます。

6年間一貫教育は、公立と私立では授業時間が大きく異なるのをご存じですか。私立は公立の倍ほどの時間を学習に費やします。そのため、私立の場合塾に通う率が低いのですが、反面公立、特に都立の一貫校の生徒は塾通いを希望する家庭は少なくありません。
来たるべき大学受験に向けた準備を怠らないという意味で、塾や予備校は需要があるのです。

また、学力の高い生徒たちの多くが一貫校へ進学することで、一般の中学受験の合格率が高くなっています。このまま進めば学力の格差が生じるのは目に見えています。しかし、中高一貫校に通う生徒が東大合格する頭脳に育つというのは事実なのでしょうか。
この理論に待ったをかける方も少なくありません。もともと群を抜いて優秀な生徒が公立中高一貫校に入っているだけなのではないか、というものです。有名大学への進学率については、私立の中高一貫校に関してはいまだ実績と言えるデータがそろっていないため、確証は得られていません。