不合格の理由

授業料無料の公立中高一貫校は入学希望者が殺到し続けていますが、合否の境目ははっきりしません。
不合格の理由として「これだ」というものが無いのが現状です。合格した生徒の全てが小学校時代に群を抜いて成績が良かったわけではなく、逆に不合格となった生徒の中には学年トップの成績でリーダーシップもあり、スポーツもよくする万能タイプもいるのです。

入試試験というものがないだけに、何を基準にしているのかが、応募する側にとってわかりにくく、対策を立てにくいのが難点です。言い方は乱暴ですが、できる子とできない子の振り分けは、実は子供たちが良くわかっています。一緒に願書を提出したのに、自分よりも「できない子」が受かり、自分が不合格になった場合の精神的なショックは相当なものでしょう。

何故落とされたのかわからないまま中学生活に突入する事になるのです。私立一貫校の場合は入試試験があるので、不合格になった場合の理由があり、納得できる利点があります。学費を支払う保護者としては公立に行ってほしいのが本音ですが、大学受験に関しては、私立と公立どちらが有利ということはないのです。公立校のみに絞るよりも、私立と併願する事が肝要です。