理想の教育環境

学ぶことが国家に対する反逆思想とされ、処罰された時代もありました。今は誰もが学びたいことを自由に学ぶことのできる時代です。
その様な時代に生まれたことは運が良い事なのです。知識を得ることは理性を育てることに繋がり、ひいては暴走する気持ちの抑止力にもなりうるのです。

教育を受ける事のままならない第三世界を見れば、それは容易に想像できるでしょう。これほど自由に学びの扉が開いているにも関わらず、多感期をただ受験勉強のために費やすのではあまりにも勿体なく、より良い教育の場として中高一貫校の教育制度が提案され、実現しています。

現状の学校体系が最終形ではなく、常に流動的であることは更なる進化が期待できることになります。受験によるストレスで疲弊しきった精神では前向きになることは難しく、自己否定に繋がります。
10代は最も未来に希望を持つ年代であるにもかかわらず、自信喪失から自分自身の可能性すら見失うことがあります。
未来をイメージでき、実現に向けて活動する推進力を身に着ける事ができる教育、それこそが理想の教育と言えるのではないでしょうか。
今はまだ課題が残る学校体系ですが、試験に追われその場しのぎの試験勉強をしていた時代からの脱却は、徐々に成功しつつあるのです。